現在位置:トップページ 活動内容 > おもちゃ選び支援


優良おもちゃ「グッド・トイ」選定活動



私たちの「遊び力」を引き出してくれるおもちゃグッド・トイ

あふれるほどの日本のおもちゃ市場。発売後すぐに消えていくおもちゃも少なくありません。そのような市販のおもちゃの中から優良なおもちゃ選びの指針となるよう、1985年にグッド・トイ選定活動はスタートしました。

人は遊びを通して五感やコミュニケーション能力を養い、夢を育てます。優良なおもちゃ「グッド・トイ」とは、その手助けをしてくれるおもちゃだと考え、おもちゃコンサルタントが選定活動を行っています。

選考基準

選考委員の専門性と価値観を重んじ、柔軟な視点でおもちゃを見つめることを大切にしています。おもちゃを見る視点として3つの方針と6つのポイントを設けています。


3つの方向性

  1. 健全なおもちゃ

    安全性への配慮を評価するとともに、暴力行為、他を傷つける行為を連想させるもの、遊び内容が暴力的であるものは選定されません。

  2. ロングセラーおもちゃ

    流行を求めた一過性の楽しさではなく、ロングセラーのおもちゃとしての可能性を評価します。

  3. 遊び・コミュニケーション尊重おもちゃ

    知育、早期教育への偏重を慎重に取り扱い、ユニバーサルな遊びとコミュニケーションを尊重した選定を行います。

6つのポイント

  1. 心地よい音
  2. 動きのバリエーション
  3. 感触のよさ
  4. 適度な大きさと重さ
  5. 美しい色と形
  6. 丈夫さと壊れにくさ

グッド・トイマークについて

グッド・トイとして選定されたおもちゃは「グッド・トイマーク」をつけることで、その優位性を示すことができます。消費者のみなさんに優良なおもちゃを選んでいただく指針として、グッド・トイマークが役立っています。また、このマークは日本グッド・トイ委員会のトレードマークでもあり、グッド・トイ委員会の理念のもと運営されるイベントや出版物にも表示されます。
グッド・トイマーク見本
「TOY」の文字を子どもが遊ぶ姿にデザイン化し、世界中で愛されるおもちゃ・けん玉に見立てることで、グッド・トイが幅広く親しまれるようにとの願いをこめました。