現在位置:トップページ 活動内容病児の遊び支援 > 公開セミナー

「病児の遊びとおもちゃ」セミナー 開催予定

セミナーの様子

セミナーの様子2

病児のために遊び環境を整える大切さを発信するミナーを毎年開催しています。
専門家による講演や実践報告だけでなく、現場で人気のおもちゃの展示やおもちゃの手作り体験会も行っています。

 

 

第12回公開セミナー・病院における遊び環境を考える
「病児の遊びとおもちゃケア」セミナー&活動のお誘い

 

セミナーチラシPDF○日 時 2017年3月5日(日)
12:30〜16:30(開場12:00

 

○会 場 国立成育医療研究センター  講堂

○参加費 500円 (資料代・ワークショップ材料費含む)

 

 

セミナーチラシPDFセミナーチラシPDF

<第1部 12:30〜14:50>
ヘルマンハープ演奏(林智子とアンサンブルりんのね)

●基調講演
『宇宙と私たちをつなぐ物語〜「病院がプラネタリウム」の実践から』

講演:高橋 真理子(宙先案内人)

●活動報告
『障がいの有無に関わらず すべてのこどもにあそびと笑顔を!』 

国分 伸枝(おもちゃコンサルタント、保育士、ホスピタルプレイスペシャリスト)

『大分県立病院小児病棟での子育て支援』

中村 朱美(おもちゃコンサルタント、おもちゃの広場おおいた代表、大分県立病院ボランティア)

『遊びを通して育まれる子どもの力〜遊びの環境と愛育病院での取り組み〜』

小野 鈴奈(おもちゃコンサルタント、総合母子保健センター 愛育病院保育士・医療保育専門士)

<第2部 15:00〜16:30 >

おもちゃコンサルタントによるワークショップ

※1〜3は予約不要です。自由にご参加いただけます。4の参加ご希望の方は申込時に予約をお受けします。(先着50名)

1.表現遊びワークショップ

三宅 由美子(けんけんくじら)

2.作って遊ぼうスキルトイ

後藤学(ジャグリングパフォーマー)

3.カンタン・オドロキ!手作りおもちゃ

国立成育医療研究センターおもちゃライブラリー
神奈川県立こども医療センター
病児と家族のおもちゃと遊びのボランティアシャボン玉  ほか

4.病院で楽しめる!?おもちゃを考えよう(先着50名)

NPO日本グッド・トイ委員会「病児の委員会」スタッフ

・おもちゃの展示 同時開催

現場で好評な玩具を多数紹介  病児の遊びに関する資料展示

 

参加方法

氏名、所属(会社・学校など)、連絡先(電話またはメールアドレス)、ワークショップ4の申し込みの有無を下記のウェブフォームかFAXにてお申込みください。先着150名まで。
【専用申込フォーム】 ※定員になりましたので、申し込みを締め切りました。
【メール】info@goodtoy.org

【ファックス】03-5367-9602

【申込・問合先】認定NPO日本グッド・トイ委員会 事務局
電話 03-5367-9601  

 

 

 

「病児の遊びとおもちゃ」 セミナー&活動参加のお誘い

 

セミナーチラシPDF

 

 

○日 時:2016年11月20日(日)
13時〜16時(受付 12:30〜)

○会 場:東京おもちゃ美術館  

   (四谷ひろばB館3階 ライブラリー)

○参加費:500円
○定 員:40名
○対 象: おもちゃコンサルタント有資格者、受講中の方

 

 

セミナーチラシPDFセミナーチラシPDF

<プログラム>

● 病院おもちゃコンサルタントの事例発表

「おもちゃを使った病児や保護者へのアプローチ、実践を通して」

● 講演:堀内 良一(堀内ウッドクラフト代表)

堀内ウッドクラフトは、グッド・トイ2015に認定された医療機器の形をした木のおもちゃ『プレパラウッド』を製作販売しています。病院の検査、治療を怖がる小さいお子さんの不安を少しでも解消してもらう為に、事前に検査内容の説明の補助として使われたり、ごっご遊びの道具としても大変良く遊ばれています。今回は、医療用玩具プレパラウッドを作るわけ、地産材でおもちゃを作るこだわりについて語っていただきます。

● 手作りおもちゃ体験、各活動先病院の質問・相談・交流会など

 

参加方法

11月14日(月)までに
@お名前 A連絡先を、FAXまたはe-mailにて下記へご連絡ください。

 

【申込・問合先】
認定NPO日本グッド・トイ委員会 事務局(吉原・石井)
FAX 03-5367-9602  e-mail :yoshiwara@goodtoy.org

 

 

 

「第3回病児の遊びとおもちゃケア沖縄フォーラム」のお誘い

 

セミナーチラシPDF○日 時 2017年1月29日(日) 
     13:00〜16:00
○会 場 沖縄小児保健センター 3Fホール
○参加費 1000円 (学生無料)
○定 員 150名
○主催:「沖縄・病児の遊びとおもちゃケア」
     セミナー実行委員会
○共催:認定NPO法人日本グッド・トイ委員会
    東京おもちゃ美術館

 健康な子どもだけでなく病気の子どもにとっても健全な成長・発達を促すための遊びはとても大切です。
 2015年に、「第1回病児の遊びとおもちゃケア沖縄フォーラム」開催を皮切りに東京おもちゃ美術館の小児病棟向け移動ミュージアム「ホスピタル・トイ・キャラバン」の県内巡回を行いました。
 第3回目を迎える本フォーラムでは、難病や障がいをもつ子どもが豊かな生活を送るために必要な環境について、子どもに関わる様々な立場のみなさんでともに考える機会としたいと願っています。子どもたちが遊ぶことで、少しでもその苦痛や緊張を忘れ、生活が楽しく豊かなものになるように、一緒に考えませんか。

 

セミナーチラシPDFセミナーチラシPDF

 

<プログラム>
●開会挨拶

 宮城 雅也(公益社団法人 沖縄県小児保健協会 会長)       
 多田 千尋(東京おもちや美術館 館長、早稲田大学文化構想学部 講師)

 

●特別講演 
『スペシャルキッズ(難病や障がいを持つこども)に笑顔を届けよう!〜英国こどものホスピスと我が国のサポート活動〜』

 講演者:岡崎 伸(大阪市立総合医療センター小児神経内科 副部長)

 

●パネルディスカッション
『病気の子どもの豊かな生活と環境とは?
病児が医療者以外の人と接することができる大切さ』

 [パネリスト]
・金城 僚(沖縄県立南部医療センター・こども医療センター小児外科医師)
・佐久川 夏美(沖縄県立南部医療センター・こども医療センター チャイルドライフスペシャリスト)
・田中 恭子(国立成育医療研究センターこころの診療部 思春期メンタルヘルス診療科医師)

・二瓶 健次(東京西徳洲会病院小児科顧問)

 

[司会]
平良斗星(エフエム那覇代表取締役社長、みらいファンド沖縄・副代表理事)

 

参加方法

参加希望の方は、以下の専用申込みフォームよりお申込みいただくか、@お名前 A所属

B連絡先(TEL or E-mail) をFAXにて下記へご連絡ください。

【専用申込みフォームはこちら】 
【申込・問合先】認定NPO日本グッド・トイ委員会 事務局:吉原
        FAX 03-5367-9602  e-mail :yoshiwara@goodtoy.org