「人をつなぐ 地域をつむぐ 社会をかえる」おもちゃと遊びによる社会貢献活動の実現をめざして 

私たちについて

私たちが大事にしているもの

1985年に日本グッド・トイ委員会は、子どものための優良玩具「グッド・トイ」の選考団体としてスタートし、同年に「グッド・トイ」の広め手育成のために「おもちゃコンサルタント」の資格認定講座を開始します。この二つに象徴するように、わたしたちNPO法人は、「モノ」選びと「ヒト」育てにエネルギーを傾けてきました。
そして、近年、この物と人とのかけ合わせによって、化学反応を起こすことを社会的使命だと感じております。子育て支援、病児・高齢者のケア、木育の普及、そして東京おもちゃ美術館のミュージアム運営など、数々の社会的活動を繰り広げてきました。
そして、玩具がその象徴であるように、根っこには常に「平和」の理念が備わっています。「美しいものを美しいと感じる力」、「醜いものを美しいものに変えられる力」を遊びや玩具、そしてアートの力を借りて育むことを大切に捉えてきました。特に玩具というフィルターを通して、平和を追い求める姿勢を貫く覚悟をもってロシア、ミャンマーを始めとする諸外国との国際交流も進めています。
「全収入のうち公的補助が30%を越えてはならない」という内規が示す通り、補助金に頼らず推進する社会的事業の構築に務めてまいりました。そして、赤ちゃんから高齢者までの多世代交流の促進など、老若男女共同参画に眼差しを向け、今後も民による公の立場を貫くことで、在野の精神を持ち続けてまいりたいと思っております。

NPO法人日本グッド・トイ委員会 理事長
東京おもちゃ美術館 館長
 多田 千尋

↑ PAGE TOP