現在位置:トップページ おもちゃの専門家育成 > おもちゃインストラクター養成講座

手作りおもちゃの専門家 おもちゃインストラクター

子どもたちの遊びの世界をひろげるサポートをするのが、おもちゃインストラクター。身近な材料を使ったおもちゃの作り方と指導を行うことができます。2012年末時点で、全国で15,000名が資格を取得しており、子育てや保育の現場で活躍しています。

遊ぶ力・つくる力・指導する力 を身につける

    本来子どもたちが持っている「自由に遊ぶ力」や「遊びをつくりだす力」。その力を発揮できるよう支援するのが、おもちゃインストラクターの役割です。

    身近な素材で簡単にできるおもちゃを覚えれば、どんなものを使ってでも、おもちゃ作りができるようになります。おもちゃがひとつしかなくても、遊びを広げる力を持っていれば、成長・発達・環境に合わせて遊び方を工夫することができます。

おもちゃインストラクター 遊びの実践と心構え5ヶ条

    1.楽しくなければ遊びではない

    2.一を知ったら十に膨らませる

    3.遊びの主役は子どもと心得よ

    4.体験する過程を大切に

    5.創造性やユニークな考え方を尊重する。

資格取得講座のご案内

    計8時間の講座はワークショップ中心型。実際に手と身体を動かし、自分自身が遊びの楽しさを実感しながら学んでいただいています

    子どもたちと共に真剣に遊ぶことの大切さ、手作りおもちゃのあたたかさとその重要性を2日間かけて、体感ください。

      【開講地】 幼児教育や保育系大学・短期大学、社会福祉協議会、生活協働組合など。

     

    【一般申込可能な講座】

>>開催スケジュールについて


受講者の声

  • 夏に幼稚園の実習があるのでうが、この講座に参加する前までは、いざという時に子どもたちと一緒に遊べるかどうか不安がありました。しかし、2日間、身近なものをつかった楽しい遊びを体験でき、不安な気持ちが和らぎました。新聞紙一枚もこんなにいくつも遊びは作れるんだなと感動しました。
  • 保育士として2年目ですがまだまだ遊びの引き出しが少なく、困る場面がありました。身近にあるものでこんなにたくさん遊べることに驚きました。使い捨ての時代ですが、これらの遊びを通じ、ものの大切さを実感することができました。
  • 私はクラフト素材のメーカーに勤務しており、仕事の参考になればとこの講座を受講しました。自分で考えて、作ってそして遊ぶという過程がとても重要だということに気づきました。これからは高齢者の方のリハビリなどの分野も考えて生きたいと思います。
  • 期待以上の内容に、楽しさ、面白さを超え、感動してしまいました。先生の純粋な心の中の気持ちがストレートに注がれてくるような時間でした。
ページの先頭へ戻る

おもちゃの専門家育成