一口館長募集中!

支援内容

 

移動おもちゃ美術館「グッド・トイキャラバン」が被災地へ出発。グッド・トイや木製玩具など心の栄養満点のおもちゃで実際に遊べます。

木質感あふれる空間で、子も親も安心して過ごせる時間を作ります。(10ヶ所での開催を予定)

対象エリア

「あそびのレシピ」(仮称)は、 おもちゃがなくても遊べる、手遊びやからだ遊び、新聞紙、紙皿、タオルなどすぐ手に入る材料での簡単ふれあい遊びなどを紹介した映像です。当館のおもちゃ学芸員の出演により映像の配信やDVDの配布を行います。また、被災地の子どもの心の研究史も直接配布します。

(協力:チャイルド・リサーチ・ネット)

50点以上のおもちゃが入ったセットを100ヶ所に寄贈します。

おもちゃ美術館が被災地で誰もが楽しめるよう「おもちゃ」をセレクトしました。「グッド・トイ」選定玩具メーカー支援のもと、50以上のおもちゃが入ったセットを100制作します。日常的に豊かな遊びにふれることで、ストレスがられるようべるよう寄贈します。

■寄贈予定先

避難所、児童館、小学校、幼稚園、保育園等

(被災地の状況によって異なる)。

玩具寄贈メーカー一覧
概要
【実施スケジュール】(4月1日更新)
第一段決定!
日程:4月7日〜10日
訪問先:陸前高田市、気仙沼市、仙台市へ
→2段以降は、4月下旬以降を予定。

【連携先】
<岩手県>岩手県社会福祉協議会
<宮城県>全国コミュニティライフサポートセンター、東北福祉会・せんだんの丘

【実施方法】
盛岡市・一関市・仙台市等に拠点をつくりそこから被災地へ向かう。

【実施報告会】
6月11日(土) 開催予定 (詳細は決まり次第upします)
対象エリア
大事にすること
1、現地の要望を的確に捉え、要望に沿った支援の形を考える
2、押し付けがましい支援にならないようにする
3、現場の情報・感覚を持っている地元公的機関のアドバイス、コーディネートのもと活動する
4、被災地支援は、一時的なものではないことを理解し、持続可能な仕組みを考えていくこと
あそび支援隊トップページ あそび支援隊 活動レポート あそび支援隊 応援団しよう

ページの先頭へ戻る