イベント情報

開催中



「アメリカ玩具と中南米のおもちゃ」

 

世界玩具シリーズ3

 

 

会期:2018年2月10日(土)〜9月9日(日)


場所:東京おもちゃ美術館 きかくてんじしつ


 

「世界玩具シリーズ3」として、2018年は「アメリカ玩具と中南米のおもちゃ」を企画展として開催いたします。
新しい玩具をリードし続けるアメリカの玩具と、今も未開発の部分を残しながらラテンの明るさがあふれる中南米のおもちゃをお楽しみください。


【 大きなエケコ人形に願いを! 】


きかくてんじしつに展示されている ボリビアの福の神「エケコ人形」。
人形の背中に欲しい物を背負わせると、その欲しい物を授けてくれると言われています。
あなたの欲しい物を紙に描いたり折り紙で折って、大きなエケコ人形に背負わせてみましょう!


8月13日(月)、14日(火)

両日とも下記の3回実施
1. 11:00〜11:30
2. 13:30〜14:00
3. 14:30〜15:00

参加費:無料

どなたでも参加可

場所:きかくてんじしつ(2階)



開催終了




【特別企画展】

「mini wonders

 〜チェコのおもちゃ 昔と今」


会期:2018年7月4日(水)〜7月17日(火)


場所:東京おもちゃ美術館 研修室


チェコスロバキア建国100周年記念イベントの一つであるこの展覧会は、
チェコセンター東京を皮切りに世界各国を飛び回ります。

20世紀初頭のロングセラーおもちゃの復刻版や、現代の新しい作家まで、
スーツケースの中におもちゃが あるという、とてもユニークな展示です。

外国に飛び立つ前に、東京おもちゃ美術館に2週間旅をしてくれることに
なりましたので、ぜひ御覧ください!


【 チェコセンター東京のスタッフによるギャラリートーク 】


7月8日(日)

14:00〜14:20 (場所:研修室)

参加費:無料

定員:先着20名様


ご挨拶文:     協力:





【東京おもちゃ美術館公式ミュージアムショップAPTY(アプティ) TOY CRAFTSPERSON】へ

木のおもちゃ20作家展

 

 

日程:2017年9月16日(土)〜2018年2月4日(日)

場所:東京おもちゃ美術館 きかくてんじしつ


木のやさしさを… 子どもたちに伝える作家たち

 

木への思いや愛着を玩具として形にし発表している、日本在住の20人のおもちゃ作家による展覧会です。 今日の木製玩具の状況を見るとともに、子どもたちに木の大切さと、その魅力を伝え、明日へつながる玩具の新しい形を発信します。

 

■出展作家

浅岡 宣之 / TSUBAMEDO
五十里 伊規子/ IKARI木工舎
岡田 亘 / 木のおもちゃと木製雑貨 スタジオノート
隈本 知伸 /独楽(こま)工房 隈本木工所
香田進・佳子 / アトリエ倭
小林 茂 / 銀河工房
小松和人 / おもちゃのこまーむ
多曽田 育男 / おとぎ屋
徳島 忠久 / 木遊舎
富永 周平 / 工房mapa、マストロ・ジェペット
中村 隆志 / ナカムラ工房
ナルカリ/ ナルカリクラフト
野出 正和/ 無垢工房
濱田 正志 / なかよしライブラリー
廣松 利彦 / 木のおもちゃ飛鳥工房
藤原 浩司 / 夢工房ももたろう
堀内 良一 / 堀内ウッドクラフト
宮ア 昌洋 / 木工房 どんどこどん
宮崎 剛 / アトリエfu 
守重 シゲ子 / 木のおもちゃ杢(MOKU

 



ワークショップ開催報告はこちら>>「おもちゃ作家と一緒にワークショップ!!開催!!」

ページの先頭へ戻る