東京おもちゃ美術館~GIFT for Children~

“ほんもの”日本文化体験 | 東京おもちゃ美術館~GIFT for Children~ “ほんもの”日本文化体験 | 東京おもちゃ美術館~GIFT for Children~

800年以上の歴史ある小笠原流の宗家嫡男や、数百年に渡り代々受け継がれている各界の宗家・家元達が“東京おもちゃ美術館”に集結! 日本を理解するのに不可欠な“生活・嗜み・武道”を、日本“最高峰”の講師から学べる、“ほんもの”の日本文化体験型ワークショップ開催!

生活とおもてなし









小笠原流 三十一世宗家嫡男 小笠原 清基

【美しい日本の礼法
 ~令和のお正月の迎え方ワークショップ~】

なんで、お正月になぜ鏡餅を飾るの?
なんで、おせちを食べるの?

あなたはこどもたちから聞かれて答えられますか?
令和元年、今年は日本の伝統行事の本来の意味や
過ごし方、楽しみ方を親子で学び、心豊かで美しい令和の
お正月を迎えてみませんか?

・日 時:11月20日(水) 15:00~15:45
     11月22日(金)・11月23日(土)
      ①13:00~13:45 ②14:30~15:15
・対 象:5歳~
・定 員:各回15名(事前予約制)
・参加費:無料
・場 所:おもちゃこうぼう

お申込みはこちら

明治時代、学校教育の礼法を指導した、日本のおもてなし・礼法の祖小笠原流三十一世宗家嫡男小笠原清基が教える『令和のお正月の迎え方 ※盃の受け方・注ぎ方など

【11月20日 ゲスト】
小笠原流 三十一世宗家嫡男
小笠原 清基(おがさわら きよもと)


小笠原流は、武家故実(弓馬故実)、弓術、弓馬術、礼法の流派。初代小笠原長清は、源頼朝の礼法、弓術、弓馬術の師範となり、1187年に鶴岡八幡宮にて源氏としての流鏑馬を披露しました。その後、小笠原家は、江戸時代まで代々の将軍家の師範役を務めてきました。明治維新により、武家社会が終焉を迎えた後は、一般に門戸を開き、「流儀を教えることで生計を立ててはならない」という家訓を守りながら流儀の継承に尽力しております。

武道-SAMURAI-

世界に誇る日本の最高峰の武道が親子で楽しく体験できる、スペシャルゾーンです。



柳生新陰流兵法 二十二世宗家 柳生 耕一

【剣術】

・日 時:11月22日(金)
      ①14:00~14:30 ②15:00~15:30
・対 象:3歳~
・定 員:各回10名(先着順)
・参加費:無料
・場 所:研修室

柳生新陰流兵法 二十二世宗家
柳生 耕一(やぎゅう こういち)

流祖上泉伊勢守藤原秀綱(のち信綱)に師事した柳生石舟斎宗厳(むねとし)は「無刀の位」を開悟して第二世を継ぎ、その長男厳勝の子、兵庫助利厳は、祖父石舟斎の薫陶を受け第三世を継承し、元和元年に尾張初代藩主徳川義直公の兵法師範となりました。
道統は尾張柳生家14人の当主と尾張藩主7公(尾張藩主世子1人を含む)によって伝承されて、現在の第二十二世宗家柳生耕一厳信に至っています。



宝蔵院流高田派槍術 二十一世宗家 一箭順三

【槍術】

・日 時:11月24日(日)
      ①10:30~11:00 ②11:30~12:00
      ③13:30~14:00 ④14:30~15:00
・対 象:3歳~
・定 員:各回10名(先着順)
・参加費:無料
・場 所:研修室

宝蔵院流高田派槍術 二十一世宗家
一箭 順三(いちや じゅんぞう)

流祖・宝蔵院覚禅房胤栄(1521~1607)は奈良・興福寺の僧です。武芸を好み、槍の修練に努めついに鎌(かま)槍(やり)を工夫し、天文22(1553)年摩利支天の感得を得て宝蔵院流槍術を創めるに至りました。宝蔵院流槍術は平成25年放映のNHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台となった会津藩にも伝えられており、制作・収録に協力するとともに伝習者も出演しました。


【弓術・流鏑馬】

・日 時:11月20日(水) 13:30~15:30
     11月22日(金) 10:00~13:30
     11月23日(土)
      ①10:00~11:30 ②13:00~15:30
・対 象:7歳~
・定 員:随時受付
・参加費:無料
・場 所:研修室

華道


いけばな古流理恩会 十一代家元 宇田川 理翁

【3歳から学べる剣山を使った華道体験】

3歳から剣山を使った華道が体験でき、親子で楽しく華道の基礎を体験できます。

・日 時:11月20日(水) 13:30~14:30
     11月24日(日) 10:30~11:30
・対 象:3歳~
・定 員:15名(事前予約制)
・参加費:1,500円
・場 所:おもちゃこうぼう

お申込みはこちら

いけばな古流理恩会(こりゅうりおんかい) 十一代家元
宇田川 理翁(うだがわ りおう)

古流は江戸中期(明暦年間)に江戸で一志軒今井宗普により、創流された華道の流派です。そのシンプルで潔い姿は当時の人々に愛されました。一志軒の後、安藤涼宇、関本理遊(現在の花型を完成させた)関本理恩(理遊の花型をさらに進化させた)と代を重ね、理恩師の後を引き継いだのは宇田川理登でした。現家元は1990年に11代家元を襲名し、次世代を担う華道家として各界で活躍、現在に至っております。

絵付ワークショップ


陶板画制作アーティスト SHOWKO

・日 時:11月24日(日) 14:15~15:15
・対 象:10歳~
・定 員:10名(事前予約制) ※定員に達しました。
・参加費:1,500円
・場 所:おもちゃこうぼ

本焼き後の豆皿に筆で金彩の絵付体験
※作品は、窯で焼いて仕上げます。2週間後に着払いでご自宅に届きます。

陶板画制作アーティスト
SHOWKO


京都330 年続く茶陶の窯元に生まれる。 佐賀で陶板画の修行ののち京都で陶板画制作アーティストとして活躍 セブンルールなど多くのメディアも注目するアーティスト

着物

"最高峰の錦織" の 機織り体験から、着物の無料試着や、つまみ細工など

日本の色彩の美しさや、技術の素晴らしさ、シルクの生きた素材の温かさなど

"ほんものの感触"に触れ、見る目を養うゾーンです。



一般財団法人日本伝統織物研究所代表理事
龍村光峯後継者 龍村周

【世界最高峰!龍村光峯の機織り体験】

・日 時:11月20日(水) 13:30~15:30
     11月22日(金)・23日(土)
      ①10:00~11:30 ②13:30~15:30
・対 象:3歳~
・定 員:随時受付
・参加費:無料
・場 所:企画展示室

一般財団法人日本伝統織物研究所代表理事
龍村光峯後継者 龍村周(たつむら あまね)

錦織美術家である『龍村光峯』の長男・後継者。東京造形大学卒。 錦の織物製作を中心に、自ら高機の製織も取り組む。同志社大学プロジェクト科目嘱託講師。


【着物試着体験】

厳選された正絹の着物が無料で試着体験できる!

・日 時:11月20日(水) 13:30~15:30
     11月22日(金)・23日(土) ①10:00~11:30 ②13:30~15:30
     11月24日(日) 13:30~15:30
・対 象:3歳~
・定 員:随時受付
・参加費:無料
・協 力:京都 おはりばこ
・場 所:企画展示室


【つまみ細工 ロゼッタ作り体験】

~世界にたった一つの"着物ロゼッタ"を作ろう~

江戸時代から伝わる伝統工芸、本物の着物生地を使った
つまみ細工で世界にたったひとつのカラフルロゼッタを作りをしてみませんか?

・日 時:11月20日(水) 13:30~15:30
     11月24日(日)
      ①10:00~11:30 ②13:00~15:30

・対 象:3歳~
・定 員:随時受付
・参加費:1,000円
・場 所:企画展示室
・講 師:

 11月20日(水)
 北井 香里氏
京都 おはりばこ
 11月24日(日)
 北井 秀昌氏
京都 おはりばこ
代表取締役

伝統音楽演奏

日本の伝統楽器、お琴の美しい音色を無料で楽しめる、

こども達の美しい感性を育む、癒しのゾーンです。


・演奏者:岡戸朋子(琴)、 大山貴善(尺八)
・日 時:11月20日(水) ①13:00~ ②15:00~
・対 象:0歳~2歳以下のお子様と保護者
・定 員:なし
     (混雑時には、ご入室をお断りする場合がございます)
・参加費:無料
・場 所:赤ちゃん木育ひろば


・演奏者:喜羽美帆(琴)
・日 時:11月22日(金) ①11:00~ ②13:00~ ③15:00~
・対 象:0歳~2歳以下のお子様と保護者
・定 員:なし
     (混雑時には、ご入室をお断りする場合がございます)
・参加費:無料
・場 所:赤ちゃん木育ひろば


・演奏者:岡戸朋子(琴)
・日 時:11月24日(日) ①11:00~ ②13:00~ ③15:00~
・対 象:0歳~2歳以下のお子様と保護者
・定 員:なし
     (混雑時には、ご入室をお断りする場合がございます)
・参加費:無料
・場 所:赤ちゃん木育ひろば

茶道

【3歳から楽しめるテーブル茶道】

お客様のおもてなしに
家族の日常に

和室がなくても家庭で気軽に自分たちで
茶道を楽しめたら素敵ですよね。
親子で楽しみながらテーブル茶道体験してみませんか?

大日本茶道学会 宇田川美仙
・日 時:11月24日(日) 13:00~13:45
・対 象:5歳~
・定 員:15名(事前予約制)
・参加費:無料
・場 所:おもちゃこうぼう

お申込みはこちら

常設展示(予定)

『生活とおもてなし』
令和の正月飾り(鏡餅など)

『武道-SAMURAI-』
小笠原流「鎧兜・武具」展示

『茶道』
茶道正月の設展示


1989年11月20日に『子どもの権利条約』が採択され、今年30周年目を迎えます。“GIFT for Children”とは、その記念日である「世界子どもの日」に、大人からこども達へ“本物に触れる体験”を贈る、心豊かな未来を育む チャリティプロジェクトです。遊びながら文化の楽しさ、美しさを伝える東京おもちゃ美術館で開催します。

一般社団法人日本文化継承者協会は、日本を語れる真の国際的人材を育てること、そして、世界各国から日本を訪れた方々に対し、最高峰の日本文化を体験して頂くことを目的に設立されました。2020年オリンピックに向け、日本を代表する国際的人財・次世代リーダーのための、日本の“最高峰の伝統文化”の「生活」「嗜み」「武」を、総合的に体験し、学ぶことができる日本で唯一のプログラム「GENUINE JAPAN」を主催しています。

会場

あそぶ、つくる、であう。
多世代交流の体験型ミュージアム

東京おもちゃ美術館

〒160-0004
東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
TEL:03-5367-9601
FAX:03-5367-9602
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」2番出口より徒歩6分
※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

【入館料】
6ヶ月未満:無料
こども(6ヶ月~小学生):700円
おとな(中学生以上):1,000円
シニア(65歳以上):500円
おとなこどもペア券:1,600円
障がい者手帳をお持ちの方:無料(ご本人のみ。手帳をご持参ください。)


東京おもちゃ美術館についてはこちら >>>