「芸術」と「遊び」による、豊かな暮らしと平和な社会を創造することを目指して 

04 木育推進支援

「ウッドスタート」活動

全国の自治体が、企業が、声高らかに「ウッドスタート宣言」
ウッドスタート活動では、「木」を真ん中に置いた子育て・子育ち環境の整備をし、子どもをはじめとする全ての人たちが、木のぬくもりを感じながら、楽しく豊かに暮らしを送ることができるようにしていく取り組みです。
全国の自治体向けには、生まれた赤ちゃんに地産地消の木製玩具を誕生祝い品としてプレゼントする事業や、子育て環境に地域材をふんだんに取り入れ、木質化・木育化する事業など、計6項目を展開しています。

 

ウッドスタート事業 6項目

誕生祝い品事業
地産地消の木のおもちゃを新生児にプレゼントします。
木育インストラクター
地域で木育推進のリーダーとなる人の養成。
子育てサロンの設立
地域材を活用した木質感あふれるサロンを整備します。
木育キャラバンの開催
素晴らしい木のおもちゃとの出会いの場を作ります。
木育円卓会議の開催
地域の木育推進をみんなで語り合う場を設けます。
おもちゃ美術館の設立
東京おもちゃ美術館の姉妹館を設立します。

 

木育サミット

木と共に生きていく「木育」の活動を、多くの人に関心を持ってもらうために、定期的に開催されるサミットです。企業、自治体などからさまざまな方が登壇し、未来の「木のこと森のこと」について語り合います。
第4回木育サミット (2017.2.23)
第3回木育サミット (2016.3.11)
第2回木育サミット (2015.1.27)
第1回木育サミット (2014.3.16)

 

木育ラボ

木育活動を全国各地に発信していくためのサイトです。このサイトを中心に全国の木育活動をしている組織、団体を結びつけ、より強固な木育ネットワークの構築をめざして活用していきたいと考えます。
木育ラボ


41自治体、13団体

東京おもちゃ美術館と「ウッドスタート宣言書」を交わし た自治体及び団体の数です。行政、企業などさまざまな枠 組みを超え、ウッドスタートの輪が広がっていきます。

約4,000個

日本中に支給された誕生祝い品の数です。赤ちゃんに新しく届いた木のおもちゃが生み出した笑顔の数は、さらに2倍、3倍と大きな数を産み出しています。

↑ PAGE TOP