「芸術」と「遊び」による、豊かな暮らしと平和な社会を創造することを目指して 

09 国際交流支援

おもちゃ文化の海外交流

海を越え、世界と繋がる「おもちゃ文化」の普及活動


世界おもちゃサミットで「おもちゃ平和宣言」(写真上、左)
2013年、日本グッド・トイ委員会は、世界のおもちゃメーカー社長、おもちゃ博物館の館長に呼びかけ、「おもちゃ平和宣言」を締結。歴史上、軍国主義を助長する道具として利用されやすかった玩具の歴史を反省し、本来平和の象徴である玩具を通して、玩具の製造、販売、文化事業などに係わる者が平和を誓い合う世界
初のサミットを開催。

 

ロシア国立玩具博物館との姉妹館協定
東京おもちゃ美術館の初代館長の多田信作が交流のきっかけを作ったロシアとの玩具国際交流。郷土玩具、伝統人形などを1980年代に寄贈して以来止まっていた関係をこの度30年ぶりに再開。マトリョーシカのルーツが日本の伝統人形であることなど縁の深い国同士が、次世代に向けて新たなる玩具文化交流をスタートする。

 

ミャンマー全土の小学校100校にTOY&BOOKの図書館セットを寄贈
日本を代表するNGO団体、ブリッジエーシアジャパンと東京おもちゃ美術館とのコラボプロジェクトとして、ミャンマー国内の小学校100校に図書館セットを寄贈する事業を進める。遊びを高める玩具及び絵本、児童図書をセットにし、2016年より3年間かけてミャンマー全土に配布する。

■詳しくはこちら >> 「Myanmar Book&Toy Library 100
東京おもちゃ美術館&ブリッジ エーシア ジャパンが贈るスペシャルプロジェクト

 

 

↑ PAGE TOP